ボッテガベネッタもはずせない。

やはりバッグといえば、

おしゃれ男には、イタリア生まれのこいつが欠かせないでしょうね。

そう、ボッテガベネッタ。

通称べネちゃん。

 

なわけないか。

べネちゃんはおいておいて、

やはりボッテガベネッタははずせないですよ。

始めてみたときのインパクトが忘れられない。

 

あのイントレチャートは最高でしょう。

バッグ、財布にかかわらず1点は持っておきたい商品といえますね。

イタリア行ったら、ぜひ買ってきたい。

友達に頼もうかな。

イタリア男なら、これかな。

私が持っているビジネスバッグで、最も値段が高いのが「ボッテガヴェネタ」です。

あのボッテガヴェネタの魅力であるイントレチャートレザーに魅せられて、何年も貯金して買いました。

良いですよねぇ。何度見ても惚れ惚れします。

シンプルなデザインなのに、上品で高級感があるんですよね。

パドロックの鍵をレザーペンダントの中に収納できるというのもまたお洒落。

とにかくデザインが気に入っていたので、正直収納力はどうでも良かったのですが…

内側の収納スペースは2つに分かれていて、A4サイズの書類も入りました。

とは言え、まだ数回しか使ったことがないんです。

こんなブランドビジネスバッグを、本当に私が使って良いのだろうか…と思ってしまって。

いつか堂々と使える日が来るんでしょうかね。

サムソちゃんも捨てがたい。

以前、自転車に凝ったことがありました。

ほぼ毎日自転車通勤をしていた時に使っていたのが

「サムソナイト」Viz Air Plusのリュックタイプです。

正直、リュックタイプのビジネスバッグがあまり好きではなく、そもそも強度など信頼してなかったんですよ。

そこで、キャリーケースで愛用しているサムソナイトなら、まだ安心かなぁと思って買ってみたんです。

これが意外にも良い。

底にはエアクッションがついていてるし、さすがサムソナイト、耐久性のある素材です。

サイドや上部、内側にポケットや、ボトルポケットまで付いてるので、収納力も満足。

ポケットがたくさんあるので、思わず荷物をたくさん詰めたりしましたが、ショルダーストラップにクッション素材が使われているので、背負い心地も良いです。

背面にキャリーハンドルを通すものが付いているので、キャリーケースと一緒に出張では重宝しました。

最近はもっぱら電車通勤なので、プライベートで使用しています。

また自転車通勤を再開しようかな。

日本を代表する吉田かばん

長い間、ノートパソコンを持ち歩くために、A4サイズが入って丈夫であることがビジネスバッグを選ぶ上で必須条件でした。

ほとんどのビジネスマンがそうじゃないかな?

私もそうだったのですが、最近iPadを買ってノートパソコンを持ち歩く必要がなくなったんですよね。

 porter_180x90

となると、荷物も減るしがっちりしたビジネスバッグである必要がない!ということに気づいて、買ったのが吉田かばんのポーターハイブリット。

感想は、とにかく軽いし小さい!

ショルダーをつけて肩がけにしてるので、歩きながらiPadを取り出して検索したりと、なかなかと便利です。

iPadにしたからと言っても、Wi-Fiルーターやら筆記用具、手帳やら荷物はたくさんあるわけで、本当に全部入るか?と思っていたのですが、ポケットも充実していて収納力も十分。

ものの出し入れもラクラク。

軽くてコンパクトなのにこの収納力は良いですね。

おしゃれさでいえば、オロビアンコかな。

デザイン的に私が最も気に入っているビジネスバッグは、オロビアンコのVERNEです。

言わずと知れたイタリアのブランドで、プラダでおなじみのリモンタ社製ナイロンが有名ですよね。

オロビアンコの中でも、ビジネスバッグとしてダントツ人気なのがVERNEです。

 ob-vern-nyl-sbkbk_1

何と言っても、オリジナルで制作された素材とパーツ、何よりもナイロンの上品な光沢がたまらない!

持ち手は上質なイタリアンレザーで、ナイロンとレザーのコンビネーションが高級感溢れてるんです。

ブランドエンブレムが刻まれたレザープレートで、一目見てオロビアンコ!とわかるデザインです。

これを持つと、いつもスーツが何やら格好良く見えるという勘違いをしてしまう程、洗練された上品なビジネスバッグです。

内側は必要最低限のポケットだけで、至ってシンプル。

収納力という面では、他のビジネスバッグには劣りますが、ダブルファスナーで開いて荷物の出し入れが楽な点は気に入ってます。

最近では、ナイロンではなくレザータイプやクロコ調レザーのVERNEもあるようですね。

また買おうかなぁ。

TUMIの次は、やはりゼロハリです!!

次に買ったのはゼロハリバートン。

TUMIは頑丈で良かったのですが、何しろ持っている人が多い!

街中見渡す限りビジネスマンの手にはTUMI…なので、少し人と違ったものを持ちたいという思いがありました。

ゼロハリバートンと言えば、やはりアルミ製のハードケース。

誰もが一度は「持ちたい!」と憧れるのではないでしょうか。

デキるビジネスマンの象徴として定着しているのですが、特にデキるビジネスマンではなかった私が購入しました。

シンプルで無駄のないデザインが美しいですよね。

こんなに美しいデザインにも関わらず、収納も充実して使い勝手もとても良いです。

購入前は、持ちにくいのかと思っていたのですが、そんなことはなかったです。

むしろ疲れにくい良いグリップ感でした。

機密性と堅牢性に長けているとして、さまざまな伝説があるそうですね。

ピッタリ蓋が閉まるから水に浮くとか…。

zero_p_vari_color

実際にそんな機会がなかったので、本当かどうかは知りませんが、大切な書類も持ち歩ける安心のビジネスバッグであることは確かです。

ゼロハリバートンは、通販がとても安かったですね。

定番ビジネスバッグといえばTUMIですよね。

自分で吟味して選んだ最初のブランドビジネスバッグは『TUMI

選んだ理由はとにかく丈夫そうだったからでした。

社会人になって初めて買ったビジネスバッグはナイロン製で、酷使した結果すぐに壊れてしまったんです。

資料やらノートパソコンやら持ち物が多いから、次は丈夫なバッグにしよう!と思って購入しました。TUMIの特徴と言えば、米国の防弾チョッキと同じ素材である「バリスティックナイロン」を使用していること。

日常生活でピストルで撃たれるとこなんてないけれど、それほどまでに丈夫だと言われたら安心です。

今はもっと強度が上がっているそうですが、私の買った頃でも十分な強度でした。

そして、買ってみて良かった点は、ポケットが充実していること。

大小さまざまなポケットが使い切れないほどに。

決して安くない価格のビジネスバッグですが、これほどまでに機能性も頑丈さも充実していれば、買う価値あると思います。

 TU9-0410-000